スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噛み合わせ

先日、上顎全部の歯の治療をしてから
次々と不調がではじめたという患者さん
がみえました。

主訴はめまい、肩こり、背中の痛み、五十肩
でした。

検査してみると・・・

右頚部の筋肉の異常緊張、鎖骨、肩甲骨の歪み
などが見られました。

歯の治療に半年間かかっており
上顎全部の治療だったために

噛み合わせがまったく変わってしまい
調整もうまくいかなかったというのです。

「身体のバランスの悪化→あごがずれる→
噛み合わせがおかしくなる→歯を削って調整」

という負のスパイラルに入ってしまっていた
のですね。

噛み合わせが悪いと、頭部の支点の位置が
ずれます。

支点がずれると、首が安定しないために
首筋や肩にこりがあらわれ

やがて頚椎そのものの歪みに発展していきます。

噛み合わせが悪い→頭部のバランス崩れ
→全身の骨格の歪み 

噛み合わせが悪く頭部のバランスが崩れ、
頭蓋骨が歪むと、その歪んだ状態でバランスを
とろうと脳が指令を出し

頚椎、胸椎、腰椎など頭から下の骨格を
歪ませることになります。

普通の人の噛む力は約60kgあります。

その時、頚椎にかかる力は約4倍もの240kgです。

正常な頚椎は頚椎自身のゆるやかなカーブと
椎間板で240kgの力をうまく吸収発散させる
ことができます。

ところが、頚椎が歪んでいると

240kgの力を吸収発散させることができずに
ますますゆがんでいきます。

耳鳴りや眩暈(めまい)立ちくらみは、
顎関節症から来ることも多いのです。

顎関節の位置は、きわめて耳の近くにあり
外耳道(耳の穴)と下顎頭が隣接しているために

顎関節の位置異常により内耳ならびに
鼓膜などを刺激して

耳鳴りや頭痛めまい吐き気が発症しやすい
状態になります。

歯の歯列矯正、かみ合わせ矯正は身体の
筋・骨格系、神経系及び脳の機能に
大きな影響を与えます。

もし、歯の治療してから不調が出はじめた
という方はもしかしたら

噛み合わせの不具合が原因かもしれません。

当院では影響を及ぼしている、身体の
様々な部分のずれやねじれを直接的に
調整していく施術を行っていきますので
相談くださいね。


人気ブログランキングへ登録しました。
あなたの応援クリックが私の元気の源です↓

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からだ回復センター角館

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。