スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揉む・叩くは悪循環の始まり

肩が凝ったり、腰痛があったり
痛みがある場合

一般的には揉んだり、叩いたりする方が
多いのではないかと思います。

しかし、この揉む・叩くといった行為が
かえって痛みを悪化させているとしたら・・・

肩こりを例にあげてみますと
肩こりというのは単純に説明すると

首から肩にかけての筋肉が緊張し
血行が悪くなっている状態です。

確かに揉む、叩くといった方法を用いれば
強制的に血行を良くして、その場は楽になります。

ただし、それは
原因を取り除いたわけではないので

あくまでその場しのぎでしかなく
強すぎる刺激で、皮膚の下の組織に
細かなダメージを与えてしまうのです。

肩がこるたびに揉む、叩くをしていると
皮膚の下ではダメージ(傷を負う)→修復を
繰り返しているわけです。

そうすると組織はどんどん分厚くなってきます。
手の平に“マメ”ができるのとおんなじ理屈です。

組織が分厚くなると刺激に対しての感覚は
鈍くなります。

長年肩こりを患っている方は口をそろえて
こうおっしゃいます。

「最初のころは軽く揉んだり叩いたりして
いただけで楽になったのだけど・・・

最近ではかなり強く揉んだり叩いたりしないと
効かなくなった」と

また、組織が分厚くなることで
血液やリンパ液が流れるスペースが圧迫され
さらに血行が悪くなります。

人のからだは強い刺激を受けると、自動的に
防衛本能がはたらき、

しばらくすると筋肉がかえって固くなって
しまいます。

そして、また揉む・叩く・・・・・。

悪循環ですね。

大切なのは緊張している筋肉をゆるめ
正常な動きを取り戻し、血行を良くして
あげることです。


からだ回復センター角館では

揉む・叩くといった方法は

一切使っておりません。

また、“ボキッ”とやるのも。

「押す」「揉む」「叩く」ということを一切しない
身体にやさしい整体で、痛みを解消いたします。


人気ブログランキングへ登録しました。
あなたの応援クリックが私の元気の源です↓

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からだ回復センター角館

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。