スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレッチ

スポーツ傷害の予防、改善のためには
整体で体を整え、筋肉への負荷を均等に
かかるようにすることと

ストレッチがご家庭で行うには一番安全で
有効だと考えています。

しかし、ストレッチといっても種類は無数にあるし
どういうストレッチが有効なのかわからないという
のが本当のところではないでしょうか。

そして、ストレッチがよいといってもただ闇雲に
やっていたのでは、効果がないばかりでなく
逆に痛めてしまうケースも珍しくありません。

今日は、当院で紹介している回復ストレッチ
について

ストレッチ、その前に・・・

歪みをとるストレッチをすることを忘れずに!!

歪んだままで、ストレッチしても片方が伸びて
片方が伸びないなど差がでてしまいますので
ご自分で歪みのチェックをしましょう。

それから、個々にお教えしているストレッチ
にはいるわけですが

ストレッチを行ううえで一番気をつけなければ
いけないことは”強さ”です。

ストレッチは痛いぐらいにやったほうが効くと
いう考えにおちいりがちですが

強すぎるストレッチはかえって筋肉を硬くし
柔軟性をそこなってしまいます。

筋肉の中には、”筋紡錘”という筋肉の伸びすぎ
を防ぐためのセンサーがあります。

無理にストレッチしすぎると、このセンサーが作動し
筋肉を余計に硬くしてしまいます。

ストレッチは、ゆっくりと深く呼吸をしながら
気持ちいい程度にやってください。

筋肉を適度に伸ばすことはとても気持ちのいい
ものですよ。

ぜひ、私もやってみたい~っという方は
遠慮なくお尋ねください。


人気ブログランキングへ登録しました。
あなたの応援クリックが私の元気の源です↓

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。