スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症に気をつけて

今日は暑いです

角館は34℃を越えたみたい。
こんなに暑いと気をつけなければ
いけないのが 熱中症です!!

昨日、空手の稽古のときも、熱中症の症状がでて
意識が朦朧とするなど、しばらく休まなければ
いけない学生もいました。

熱中症とは高温・多湿下で発生する病気の総称ですが

熱失神、熱疲労、熱射病、熱痙攣に分けられます。

軽症のものから意識障害を伴う熱射病等の重症のもの
まで含まれ、重症では死亡することもあるので油断
ならないです。

又、戸外だけでなく、台所など蒸し暑い室内でも
起きるから注意が肝心です。

気温30度以上、湿度70-80%、風の弱い時等は
特に熱中症が起こりやすい条件、注意が必要。
気温が35度を超えると一層起こりやすくなります。

めまい感やクラクラと立ちくらみするような時は
熱中症の始まりと考えて、すぐに水分・塩分を補給。

吐き気や倦怠感がするときは、涼しい場所に
横向きで寝かせて
(吐いていなければ足を高くすると良い)
うちわ等で風を当てる。
    ↓
悪化するようなら救急車を呼ぶ。

意識障害が起きて熱射病と思われる時
の処置は緊急を要します。

救急車を呼ぶ一方、素早く体温を下げるために

●涼しいところに運び、足を高くして寝かせる

●水分を飲ませる(コップ一杯の水に塩一つまみ、
 砂糖五つまみを加えると吸収されやすい)

●手足や全身に水をかける
 
●ぬれタオルを首筋や脇の下に当てる

●うちわで扇ぐ

●霧吹きで身体に水分を吹きかける

●氷を脇や股に挟んで、熱を放散させるなど

をすることが命を守ることになります。

まだまだ、暑い夏、熱中症に注意して
いかなければなりませんね


人気ブログランキングへ登録しました。
あなたの応援クリックが私の元気の源です↓

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からだ回復センター角館

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。