スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠不足と痛みの関係②

昨日は空手の大会で山形へ
行ってきました。

山形といえば、さくらんぼ
家でまっている長女や義父母にお土産を


さくらんぼ

(おいしくて、ちょっと食べちゃった

さくらんぼ1

大会の結果は3位と残念な結果でしたが
甘くて、おいしいっにご満悦の次女で
ありました。


今日の回復日記

さて、前回に引き続き、睡眠不足と痛みの関係について

不調の原因は筋肉の疲労が原因しています。
筋肉の疲労回復に睡眠はとても重要な要素となります。

まず1つは重力からの開放してあげること。

すべての生物は地球に住んでいる限り
重力の影響から逃れる事はできません。

普段私たちが生活しているときにはこの重力に
逆らって活動しています。

生物が重力に逆らって行動するには筋肉の働きが
必要不可欠なのです。

なので、日中いろいろと活動しているとどうしても
筋肉は疲労してしまいます。

歩く、物を持つ、物を取る、屈む、座る、
ジッと立っていたり、座っているなど、

単純な作業をしているだけでも筋肉が重力に
逆らって身体を支えているのです。

この重力からの影響を唯一開放できるのが
横になっている時です。

横になると、重力からの影響が最小限に抑えられるので
体を支える必要がなくなり、筋肉の働きも最小限に抑えられ
筋肉はだらーんと緩んだ状態、弛緩状態になるのです。

頭の重さを支えている主な筋肉は
僧帽筋、肩甲挙筋、頸部筋群、脊柱起立筋群などですが

これらの筋肉が横になることで重力の影響を受けにくく
なるため症状の軽減に役立ちます。

しかし、枕の高さが合わなかったり、布団が極端に
柔らかかったりすると寝ているときの姿勢が悪くなり

寝ている間に筋肉の緊張が強くなってしまい
逆に朝起きると肩こりが強くなっていたり

極端な場合、寝違えを頻繁に起こしたりして
しまうことがあります。

さて、2つ目は・・・


人気ブログランキングへ登録しました。
あなたの応援クリックが私の元気の源です↓

人気ブログランキングへ









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からだ回復センター角館

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。