スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長時間同じ体勢をとると・・・


季節柄、庭の草取りをした翌日に腰の痛みや
もも・ふくらはぎ等の筋肉痛に悩まされる方も
多いのではないでしょうか?

また最近では、パソコンなどの使用による
頭や首・肩のこり、痛みを訴える方もみえます。

それほど運動していないのに筋肉がこったり
痛んだりするのは何故でしょうか?

歩いたり、ボールを投げたりするときに
私達の体を動かす筋肉は収縮したり
弛緩したりすることを繰り返して

関節を動かしスムーズな動作をつくりだします。

このリズミカルな筋肉の働きにより、筋肉への
血液の流れが増加し、必要なエネルギー源や酸素を
自ら多く取り込めるようになります。

また、血液の流れは、乳酸や二酸化炭素のような
いらない老廃物を速やかに排出する働きもあります。

しかし、同じ姿勢での動作では、筋肉はずっと長い時間
収満することとなり、緊張状態が続いています。

このような持続的な収縮により筋肉内の血管が圧迫され
筋肉への血流量が減少することとなります。

このために必要なエネルギー源の流れが少なくなり
不必要な老廃物の排出もできにくいという悪循環に
陥ってしまい

筋肉の酸素不足と乳酸の刺激により筋疲労と
筋肉痛が生じやすくなるのです。

スポーツによる全身的な連動では、心肺機能が高まり
血液循環もよくなるのですが

同じ姿勢での動作では、特定の限られた筋肉には
過大な負担がかかるものの

他の多くの筋肉は休息状態にあり、心肺機能が高まり
血液循環が多くなるわりには血流量が増加しないことも
一因です。

身体は同じ体勢が30分以上になると、筋肉に負担が
かかってきますので

作業の間の短時間でも体を動かしたり、ストレッチして
筋疲労・筋肉の痛みを防ぎましょう。


人気ブログランキングへ登録しました。
あなたの応援クリックが私の元気の源です↓

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からだ回復センター角館

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。