スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩こり②

肩が凝った時に揉んでもらうとすごく「痛がる」人と
強く揉んでも「全然痛がらない・・・」人に分かれます。

これってなぜ、なんでしょう??

揉み方のうまい下手などもあるかもしれませんが
「パンパン」「カチカチ」に張っている凝っている場合

普通は凝っているところの神経が緊張しているか
もしくは、過敏になっているので
揉むという刺激を与えると「痛い!」はずです。

でも強めに揉んだり、グリグリ押したりしても
痛みを感じない人もいます。

それはコリが慢性化し過ぎて「そこ」の神経が
マヒしているのです!

肩を揉んでもらうと気持ちがいいですよね。
この物理的刺激で一時的でも肩の筋肉が柔らかくなって
肩こりが解消されると実感している人も多いのでは!?

肩を揉んで「ウーン。効く~」と感じて肩こりが
解消されたと思っていませんか??

でも、実はこの肩の痛みがくせものなんです。

肩が痛いと感じると脳は痛みを軽減しよう
として鎮痛物質を分泌して

肩が受けている痛みを感じないような
防衛反応が起きます。

これを繰り返すと、もっと強い刺激でないと
肩こりが楽になった感じがしなくなっていきます。

神経がマヒしてくると危ないですよ!!
肩こり→首のコリ→首の血管の圧迫→
血液低下→頭痛・めまい

そして、血液がうまく脳に運ばれないと
脳梗塞や痴呆症、メニエル病だって
関係してきますから!!

結果、歪み・姿勢・クセ・緊張などの
肩こりの根本原因が解消されない限り
肩こりは解消しないということです。

揉んだり・叩いたり強い刺激でごまかしている!!
さらに強い刺激を求めている!!
その行為は危険ですよ。

回復整体で根っこの部分から改善してみませんか?


人気ブログランキングへ登録しました。
あなたの応援クリックが私の元気の源です↓
人気ブログランキングへ









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からだ回復センター角館

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。