スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その驚きの効果は?(更新大変遅れてすみませんでした)


■治療21回目
 左臀部の痺れがあり、裏腿の痺れはない。足の力は入り、安定している。手の痺れもない。左臀部の痺れに対しては施術後痛みなし。

■治療22回目
症状:左臀部の痛み、痺れから重苦しい痛みに変化した。これは、痛みというのが、最初は「痛み」、そして悪化してくると「痺れ」、さらに悪化すると「麻痺」という順序で進行していきます。                                。
今回は痺れがあったのに重苦しい痛みに変化したので、改善の方向に向かった証拠です。

そして前回から回復枕を使用しての自己療法を実行したのですが、この22回目に大きな変化がありました。
今までは、施術後自分で起き上がることが出来なかったので、私が肩を貸して起きていたのですが、なんとたった2日この枕を使っただけで、自分で起きれるようになりました。もちろん、この22回目の施術の時にも、自力でベットから上体を起こすことが出来ました。

■治療24回目
 左臀部の痛み、痺れは多少あるが、施術後痛み痺れともに消失。引き続き回復枕での自己療法を続けたところ、足首の感覚が以前はあまりなかったが、だんだんと感覚が戻ってきたようである。

■治療27回目
 左臀部の痛みはだいぶ良くなってきた。少しの痛みや痺れは、回復枕に寝て休めば痛みがなくなる。左手も自分で伸ばせるようになってきた。左足首も自分で動かせるようになってきた。これは大変な変化だと思います。回復枕に寝たことによって、緊張がとけ、今までくの字に曲がっていた左腕も伸ばせるようになってきました。

■治療28回目
左腕の緊張もかなりとれてきて、施術をしても左腕の筋肉がかなり柔らかくなってきました。

■治療35回目
 今まで歩き出すと震えていた手の震えが、緊張もとれて震えも止まるようになってきました。

■治療37回目
 左臀部の痛み、痺れはほとんどなく状態は良い。そして、左足首のサポーターを外しても歩けるようになりました。これは、自己療法を続けてきた結果であると思います。病院でも一生サポーターなしでは立つことが出来ないと宣告されたにもかかわらず、実際サポーターなしで、自力で歩くことができました。

■治療39回目
サポーターなしで、自分で歩いてみても良くなってきた感じがするとのことです。自分で良くなってきたと体感することは、非常に大きな変化だと思います。

■治療41回目
昨日から脹脛の痛みあり。これは、今までサポーターをつけないと立てなかったものが、サポーターを外して歩いたことにより、数年間使われていなかった脹脛の筋肉が動きだしたことによって、使いすぎで、疲労として発生したものと思われます。
脹脛を重点に施術したところ、施術後は全く痛みがありませんでた。

■治療45回目
 左臀部から左脹脛にかけて痛みはあるが、痺れはない。左手がかなり伸びるようになった。左臀部から左脹脛の痛みに関しては、施術後痛みはなくなる。

■治療48回目
左臀部、左脹脛の痛みはだいぶ良い。

■治療49回目
2、3時間座っていると、だんだん痛くなってくる。これは逆に言うと、以前は30分位で痛くなっていたものが、2、3時間座っていても大丈夫になってきたということなので、改善したという結果だと思います。しかし、同じ姿勢をとっているということは、身体に負担がかかるということなので、なるべく回復枕に寝るよう指示をしました。

このように、サポーターをつけないと歩けないと医師から宣告されたのに、サポーターをつけずに歩けるようになり、これまでくの字に曲がっていた左腕も自分で伸ばせるようになり、震えも止まり、最初とは考えられない程改善されてきました。

ところが、1月中旬静岡での研修中に一本の電話がかかってきました。その日秋田では、かなり路面が凍ったそうで、奥さんと車に乗っていた時にスリップをしてしまい、そのまま田んぼに車ごと落ちてしまい、背骨を圧迫骨折してしまったという電話でした。

その時に痛みがあまりにも激しかったので、医者では何ともすることが出来ないと思い、私に相談の電話がありました。本音を言えば、病院に潜入して私に治療をしてほしかったらしいですが(笑)、それも無理だろうということで、どうすればいいのかという相談の電話でした。

それから数ヶ月は入院となりましたので、施術の期間が空いてしまいましたが、これまでの経過で大きく変化したことは、一つは自分一人で起き上がれるようになったこと、次にプロテクターを外しても歩けるようになったこと、自分で起きてトイレに行けるようになったこと、自分で車を運転できるようになったこと、そして何より表情が明るくなり奥様との会話を楽しんでらっしゃることだと思います。

現在も引き続き、週に2回の施術を行なっておりますが、圧迫骨折の後遺症も施術によりだんだん良くなり、元の状態に戻り、施術を継続しております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。