スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーラー病にご注意

昨日は最高気温34.5度を記録し
全国2位の暑さとなり
そして、今日も暑い角館です

6月にこんなに暑くなるなんて・・・
やっぱり地球温暖化も関係しているのかな

さすがに、昨日は暑くて我が家でも
今年に入って初クーラーをつけました。

クーラーは確かに、暑くて湿度も高い夏場に
快適な生活を送るためには欠かせないものですが

注意して欲しいのが
夏場にかかりやすい「クーラー病(冷房病)」です。

■ クーラー病って?
人間のカラダは本来、暑い夏にも寒い冬にも
自然の環境に対応できるような構造になっています。

しかし、科学の進歩によって、クーラーがオフィスや
一般家庭、公共機関などに普及し、快適に過ごすことが
できるようになったため、その快適さに慣れてきました。

こうした自然に逆らった環境を続けてきたことによって
私たちのカラダも、本来の機能が薄れ
変化が表れるようになりました。
それがクーラー病です。

特に、ずっと長時間クーラーのかかった部屋にいたり
涼しい室内と暑い屋外とを行き来していると
クーラー病にかかりやすくなります。

暑い外から、クーラーの冷えた部屋に入ると
とても涼しくて気持ちいいものです。

しかし、暑い外にいる間は、暑さに対応できるよう
私たちのカラダは熱を放出するために毛穴が
開かれた状態になっています。

その状態のまま、ひんやりと冷えた部屋に入っても
カラダは急にその環境には対応できません。

つまり、若干寒いくらい、もしくは熱を放出する必要のない
気温の場所でも、カラダは熱を放出する状態になっているので
そのままどんどん熱が放出されてしまうことになります。

もちろんそこで、体温を調整する機能のある自律神経は
急いで気温に対応できるように調整してくれますが

それを一日に何度も繰り返していると、
自律神経に負担がかかり、体調に異変をきたします。

そして、血液やホルモンバランスに異常が出て、
足腰の冷えや頭痛、腹痛、神経痛、
カラダのだるさやなどといった症状として表れるのです。
これがクーラー病と言われているものです。

私の場合、冷えすぎると
必ず、首コリ・後頭部痛が襲ってきます

■ クーラー病の予防と対策
クーラー病にかからないために、まず必要なことは
できるだけ屋外と屋内の気温差をなくすことです。

そこで、室内では、カーディガンやひざ掛けなどを
使用するようにしましょう。

外へ出た時は1枚脱ぎ、クーラーのかかっている
ところに入れば1枚着る。

そうしてできるだけ気温差をなくし
一定に保つようにすることが大切です。

特に、冷気は足下へ流れる傾向があるので
スリッパを履いたり靴下を履いたり

ひざ掛けを使うときは、かけるだけでなく
足に巻き付けた方がより効果的です。

また、直接クーラーの風を浴びないように
注意してくださいね。

室内にずっといる人は、冷えていなくても、
じっと座っていれば血液の循環は悪くなってしまいます。

階段を使ったり、歩いたり、カラダを動かすように
心がけましょうね。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。