スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫背

寒くなってきましたね。

寒いとつい首をすくめて、背中も丸~く
猫背気味になってしまいますね。

猫背の人は僧帽筋が張った状態(緊張)になり
首や肩、肩甲骨周辺の血行が悪くなります。

これでは首や肩が凝って当たり前です。

が、それだけではないんです。

もう一つ体にとってまずいことがあるんです。

今日はそのことをお話しますね。

実は姿勢が前かがみになると内臓の働きにも
悪影響を及ぼすんです。

前かがみの姿勢というのは肺が縮こまった
状態なんですね。

つまり肺の容量が減るわけです。

容量が減れば当然呼吸の効率も悪くなります。

私達は普段無意識で呼吸をしていますが
肺のことなんか一々気にしてはしていませんよね。

姿勢が悪くても呼吸がしづらくなるなんて
ことはありませんからね。

だから盲点と言うか、
知らないうちに肺の機能を衰えさせている
ことになります。

空気中には酸素が約20%存在します。

それが効率よく使われればまだしも
肺の中の肺胞(酸素と炭酸ガスの交換場所)に
達するまでにはそのまた3分の1が失われます。

つまり一呼吸で得られる酸素の量なんて
たかが知れてるんです。

前かがみ(猫背)というのは

それでなくても効率の悪いものを更に効率悪く
しているということになります。

肺で取り込んだ酸素は動脈血によって
体中のそれぞれの組織に運ばれるわけですが

入り口(肺)での酸素の供給量が
もともと悪いんですから

内臓も含め体中のすべての器官は酸欠という
事態にもなりかねないということです。

これでは自ら内臓の働き悪くしているようなもの。

このように
前かがみ(猫背)の姿勢は普段の呼吸が浅くなり

気づかないうちに自分の体を衰えさせている
ということになるんですね。

姿勢を良くするということ、
特に背すじをしゃきっとした姿勢というのは

体中の細胞の活性につながるんだということ
を覚えておいて下さいね。


人気ブログランキングへ登録しました。
あなたの応援クリックが私の元気の源です↓

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からだ回復センター角館

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。