スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の冷えに注意

今日は青空が広がりいい天気でした。
冬にこんなに青空が見えるのは稀なの
で嬉しくなっちゃいますね。

きっと、雪の降らない地方は毎日
こうなのかな??

でも、昨日、今日と気温は上がらず
冷え込みが厳しかったですよね。

私は昨日の寒さで体が冷えたらしく・・・
昨晩から首、肩こりが発生してしまいました~。

今日は
「身体が冷えるとなぜ身体があちこち痛くなるのか」
ということについて書きたいと思います。

まず、ご自分の手、足を触ってみて下さい。
ひんやりと冷たくなっていませんか?

この冷えは血液循環が関係しています。

寒くなり身体が冷えると、血管(抹消血管)が
収縮して筋肉への血流量が減ります。

栄養補給や老廃物の排泄など新陳代謝が
低下することで、自律神経のバランスが乱れ
筋肉が硬直してしまうのです。

特に手先や足先は末端になりますので
冷えが起こりやすい部位です。

先程触ったときに冷えを感じた方は筋肉が
硬くなっている可能性大!
筋肉は酸欠状態です!

また、冷えが強くなると痛覚や触覚なども
過敏になります。

みなさん寒い日に指先がじんじんしたり、
チクチクするような経験をした事ありませんか?

これは筋肉間を縫うように伸びている
痛覚・触覚の神経(末梢神経)が
筋肉の緊張により圧迫され起こるもの。

冷えが厳しくなる冬場に腰痛や肩こり、神経痛、
関節痛が増えるのは神経が敏感になる事と

筋肉が硬くなる事が大きく関係していること
がわかりますね。

さて、理由がわかったところで
「どうすれば冷えを改善できるの?」
という疑問が出てきます。

寒いところに行くと身体がブルッと震えますが
これは筋肉が激しく収縮している状態で身体を震わせ

筋肉を収縮する時に作られる熱を利用して
体温を維持しようとする人間の潜在的な作用です。

つまり、身体を出来るだけ温め筋肉を緊張から
解放すればいいのです。

血行不良などが原因で筋肉の温度が低くなると
筋肉の活動に必要な酸素を血液から取り込む量
が減少するため、

緊張から解放させるためにはストレッチや
運動が効果的です。

痛みが出たらするのではなく、出る前に!

普段から特に姿勢には気をつけて
身体を冷やすような生活・服装は避けましょうね。


人気ブログランキングへ登録しました。
あなたの応援クリックが私の元気の源です↓

人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からだ回復センター角館

Author:からだ回復センター角館

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/e/b/rebornco/20080914140240.png
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。